【初心者】α6400 バッテリー【どれを買えばいい?】

ソニーのα6400を買ったけど、1日中外出先で撮影する場合に備え、予備のバッテリーを買いたいけど、どれを買うべきか教えて欲しい。

という方に向けた記事になります。

α6400を買ったばかりの方向けに、以下にも記事をまとめています。
よろしければご参照ください。

【想定読者】α6400を買ったものの、マニュアル(取扱い説明書)が付いてない! どうやって細かい設定を調べればいいの...

■この記事のポイント

・α6400のバッテリー消費量って?

・α6400対応のおすすめバッテリーはこれ

・バッテリーチャージャーは 「ACC-TRW」 がおすすめ


【初心者】α6400 バッテリー 【どれを買えばいい?】

α6400のバッテリー消費量って?

ミラーレスは一眼レフに比べてファインダー撮影時も電気を消耗するため、一般的に一眼レフのファインダー時と比べて撮影可能枚数は少なくなります

α6400のバッテリーのもちについての評判は、あまりよくありません。

以下がカタログスペックの比較です。

一眼レフのKiss X10と比べても確かに持ちはよくありません。

  Sony
α6400
Canon
Kiss X10
静止画
撮影可能枚数
ファインダー時:
約360枚
液晶モニター時:
約410枚
ファインダー時:
約1070枚
液晶モニター時:
約320枚
動画
連続動画撮影時
ファインダー使用時:約125分
液晶モニター使用時:約125分
常温(+23℃)約2時間30分/低温(0℃)約2時間20分

360枚だと、ちょっとしたお出かけスナップだといいけど、1日かけての撮影では予備バッテリー無しでは不安になりますね。

以下は口コミでの不満の声です、、

口コミでも、1個では1日持たないというコメントも多いですね。

それでは対応のものを見ていきましょう。

α6400対応のおすすめバッテリーはこれ

サードパーティー製のものも世の中に出ていますが、長く使うものですし、電気系統に関するものですので、万が一の事故リスクを考えると、”純正”のものを購入するのが、安心です。

「NP-FW50」がα6400に対応の純正バッテリーになります。

ソニー リチャージャブルバッテリーパック NP-FW50
created by Rinker

口コミでは、サードパーティー製のものでも使えたという声から、使えなかったという声まで。サードパーティー製を使う場合は、あくまで自己責任ですね。

バッテリーチャージャーは 「ACC-TRW」 がおすすめ

実はα6400の本体を買ってから気付く方が多いのですが、α6400はバッテリーチャージャーが付属していません
(ボディ本体へUSBを接続したUSB充電(給電)が求められます)。

そこで、元々のバッテリーと予備バッテリーとを同時に充電するために、別売のチャージャーBC-TRWがあると便利です。

ソニー バッテリーチャージャー BC-TRW
created by Rinker

ちなみにNP-FW50とBC-TRWとが、セットになった「ACC-TRW」というのもありますので両方欲しいという方にはこちらがおすすめです。

ソニー アクセサリーキット ACC-TRW
created by Rinker

ではこの辺で。

参考になった点があれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする