【どっち!?】ソニーα1とキヤノンEOS R5【頂上対決】

ソニーから、フラグシップ機「α1」が発表になったけど、キヤノンのEOS R5と何が違うか主な仕様の違いを知りたい

という方に向けた記事になります。Canon ミラーレスの最上位機『EOS R5』とSonyがαシリーズで初めて”フラグシップ”と冠した新モデル『α1』。どちらの性能がどうなのか、整理してみます。

なお、この記事では動画以外について整理しておきます
(動画は動画で別記事にて)。


■この記事のポイント

  - 画質面
  - AF、連写性能
  - ファインダー
  - インターフェース面
  - その他
  - EOS R5が優位な点 


【どっち!?】ソニーα1とキヤノンEOS R5【頂上対決】

以下が公式動画です。
約5分と長いですが、商品のポイントが網羅されています。

画質面

ソニー公式ページより α1

αシリーズでは、これまでα9系にしか搭載されていなかった、メモリー内蔵の積層型CMOSセンサーが本機に搭載です。それにより、8K対応や連写性能の進化ができているようです。

しかもα9系の24Mから、50Mに大幅解像度があがっているのが特長です。

EOS R5のイメージセンサーは、積層型や裏面照射型ではないのですか?

製品ページ上で明記されていませんが、デジカメWatchの記事によると、そのいずれでもないとされています。よって、通常の表面照射型と思われます。

イメージセンサーは裏面照射型CMOSですか? それとも積層型CMOSですか?

裏面照射型CMOSでも、積層型CMOSでもありません。

デジカメWatchの記事

整理すると、以下になります。

ソニーα1 キヤノンEOS R5
センサーサイズ フルサイズ フルサイズ
センタータイプ 積層型 表面
画素数 5010万画素 4500万画素
画像処理エンジン BIONZ XR DIGIC X

AF・連写性能

ソニー公式 α1

α1は50Mの高解像にかかわらず、AFやAEが追従しながらの”30コマ連写”というのが特長ですね。

ソニーα1

キヤノン EOS R5

連写性能

(AF/AE追従)

~30コマ/秒(電子)

~10コマ/秒(メカ)

~20コマ/秒(電子)

~12コマ/秒(メカ)

連写時LV性能 ブラックアウトフリー 再生view

ブラックアウトフリーとは何でしょう?

連写するときに、一眼レフでは、ファインダーが黒になる(ブラックアウト)場面が入りますが、それがないため、常に被写体を見ながら連写できるのが特長です。EOS R5は、一眼レフではないので、ブラックアウトは発生しないものの、再生画面が連写時に残るため、常にライブビューで被写体を追うことが出来ない、というのがポイントです。

ただ、 30コマ/秒連写ではJPEGで約165枚までとあるので、連写可能時間は5秒程度と限られています。

また、30コマ/秒連写が出るのは純正レンズの特定のものになるため、その点も要注意ですね。

ソニー公式ページより α1

リアルタイム瞳AFの認識被写体に、「鳥」が新たに追加されました。

EOS R5は動物の対応種の中に犬、猫、鳥とあるのに対して、α1は鳥だけ独立しています。独立しているだけあってその精度が高いのかどうか、など今後興味がわくところです。

ファインダー

地味に最近のソニーはファインダーに力を入れてきています。

今回α1でEOS R5の解像度、倍率、そしてフレームレートを圧倒してきています。

  ソニーα1 キヤノン EOS R5
ファインダー解像度 944万ドット 576万ドット
アイポイント 約25㎜ 約23mm
ファインダー倍率 約0.90倍 0.76倍
フレームレート 60/120/240fps 60/120fps

240fpsってどんな感じでしょうか?スポーツなどの一瞬のタイムラグが命とりの撮影に威力を発揮しそうです。

EVFとOVFの垣根もほとんど無くなってきているのかもしれません。

インターフェース

HDMI Type A

α1はプロの使用を想定されており、HDMI端子もType Aに対応となっています。

Type Dではいつ抜けるか頼りなく感じるので、これは安心ですね。

また、有線LAN端子も搭載されている点にも、プロユース感を感じますね。

ソニー公式ページより α1有線LAN端子
ソニーα1 キヤノン EOS R5
LAN端子
HDMI端子 Type-A Type-D

CFexpress TypeA

ソニー公式ページより CFexpress Type A

α1は、CFexpress Type AとSDカードの両方に対応です。EOS R5は、CFexpress Type BとSDカードに対応です。

CFexpress Type AはType Bよりも上限容量や、スピード面で劣るものの、サイズがコンパクトな点が優位です(値段も高めではあります)。

 

ソニーα1

キヤノン EOS R5

記録メディア

SD XC UHS-II/

CFexpress type A

SD UHS-II/

CFexpress type B

その他

フリッカーレス機能

α9IIではメカシャッターでフリッカーレス対応となっていましたが、α1ではメカに加え、電子シャッターでもフリッカーレスに対応しました。

ソニー公式ページ α9より

ソニー α1

キヤノン EOS R5
フリッカーレス機能

対応
(電子シャッター対応)

対応
(電子シャッター非対応)

屋内撮影をする頻度の高い方には、かなり朗報ではないでしょうか?

フラッシュ同調1/400秒

メカシャッターで1/400秒という世界最高速の同調速度と、電子シャッターで1/200秒ができるようになっています。

ソニーα1

キヤノン EOS R5

フラッシュ同調

メカ~1/400秒

電子~1/200秒

メカ~1/200秒
電子先幕~1/250秒

EOS R5のほうがお勧めな点

高感度性能

静止画における上限ISO感度が、EOS R5のほうがISO 51200とα1を上回っています

実際の撮影結果はどうなのか、この点は今後出てくるであろうレビュー結果を待ちたくおもいます。

ソニーα1 キヤノンEOS R5
ISO感度 静止画 ISO100~32000 ISO100~51200
ISO感度 動画 ISO100~32000 ISO100~25600
拡張ISO感度 ISO50~102400 ISO50~102400

また、AFの低輝度限界性能もR5の方が上です。EOS R5のほうがより暗いところでもピントが合うということですね。

キヤノン公式 EOS R5
ソニーα1 キヤノンEOS R5
AF 低輝度検出限界 -4EV(F2) -6EV(F1.2)

測定基準のレンズの明るさがEOS R5のほうが少し有利なものになっていますが、条件を揃えてもα1よりは暗所でのAF性能はありそうですね。

手振れ補正性能

EOS R5は世界最高8.0段の手振れ補正機能を有しています。これはα1を圧倒していますね

ソニーα1 キヤノンEOS R5
手振れ補正 5.5段 8段
キヤノン公式ページより EOS R5手振れ補正

液晶画面

EOS R5は横開きのバリアングルなのに対して、α1は上下のチルト可動式です。好みの領域ですが、バリアングルのほうが人気があるのではないでしょうか。

キヤノン公式ページ EOS R5

価格

EOS R5で「高い!」と思ったのが印象が変わってきましたね。

EOS R5はα1の約半額になります。

Sony α1(ILCE-1)
created by Rinker

まとめ

 画質面、AF、連写性能、ファインダー、インターフェース面など多くの項目でα1が優れた機能を搭載で登場しています。

 一方で、EOS R5は、暗所での性能や手振れ補正などの点に関してα1に対して優位にはありますが、多くの点でα1の後塵を拝した形にはなったような印象です。

 α1の実機レビューの詳報も待たれます。

最後に、スぺック比較表を載せておきますが、ソニーが本気出したカメラということで、その点はリスペクトしたいと思います。以下のツイートはその通りだと思ったので貼っておきます。

 

  ソニーα1 キヤノンEOS R5
センサーサイズ フルサイズ フルサイズ
センタータイプ 積層型 表面
画素数 5010万画素 4500万画素
画像処理エンジン BIONZ XR DIGIC X
記録メディア

SD XC UHS-II/

CFexpress type A

SD UHS-II/

CFexpress type B

メディアスロット 2 2
ISO感度 静止画 ISO100~32000 ISO100~51200
ISO感度 動画 ISO100~32000 ISO100~25600
拡張ISO感度 ISO50~102400 ISO50~102400
フリッカーレス機能

対応

電子シャッター対応

対応
AF測距点 759点 1053点
被写体検出機能 人物、動物、鳥 人物、動物(犬、猫、鳥)
メカシャッター 1/8000秒~30秒 1/8000秒~30秒
電子シャッター 1/8000秒~30秒 1/8000秒~30秒
フラッシュ同調

メカ~1/400秒

電子~1/200秒

メカ~1/200秒
電子先幕~1/250秒

連写性能

(AF/AE追従)

~30コマ/秒(電子)

~10コマ/秒(メカ)

~20コマ/秒(電子)

~12コマ/秒(メカ)

連写時LV性能 ブラックアウトフリー 再生view
手振れ補正 5.5段 8段
ファインダー解像度 944万ドット 576万ドット
アイポイント 約25㎜ 約23mm
ファインダー倍率 約0.90倍 0.76倍
フレームレート 60/120/240fps 60/120fps
液晶モニター解像度 144 210
液晶モニター可動方式 チルト バリアングル
タッチ対応
8K動画
4K動画
連続撮影時間(8K) 30分(以上) 20分(8K)
LAN端子
HDMI端子 Type-A Type-D
撮影可能枚数

430枚EVF

530枚LCD

約350枚
ボディサイズ 128.9/96.9/80.8 138/97.5/88
質量(ボディのみ) 652g 650g

では、また。参考になった点があればうれしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする